An old countryman

today 2014(平成26)年9月13日(土)旧8月20日
100years ago 1914(大正3)年9月13日(日)旧7月24日

 自宅のPCが在岩手と正しく判定されてしまったらしく、首都圏のラジオ番組をradikoで聴けなくなってしまい落胆しているところのcozyです、こんばんは。radikoのいいところは、AMでも音質がいいということを知ってしまい、radikoプレミアムに加入しようかなと思案中です。月額378円、喫茶店で飲むコーヒー1杯分だし。

 昨日は、花巻まつりを観てきました。花巻まつりの日は雨が降るという都市伝説があたらず、ラッキーでした。リアル山車(だし)を見るのは何年ぶりかのことです。人ごみが嫌いなので、おまつり一般が苦手です。あまり混まないおまつりであれば、ノープロブレムなのですが、主催者的にはがっかりでしょう。

 高校時代、紫波(花巻と盛岡のちょうど中間)出身の友人から「東京は、毎日、花巻まつりをやってるような所」という名言を聞いたことがあります。当時の紫波人にとって賑やかさの象徴は、地元の日詰まつりでも、県都・盛岡の八幡宮の祭りでもなく(盛岡さんさはまだ行われていななかった)、まぎれもなく花巻まつりだったのです。

 その後、上京して感じたことは、まさにそのとおりでした。花巻まつりを年中やっているような人の多さ、住むところではないな と思ったような気がします。イナカモノということです。今では、年に1回の人混みさえもめんどくさがるようになりました。年とったということです。つまり、私はan old countymanです。
 
【今日の1曲】
 花巻囃子(ばやし) 作者・昨年不明 
 京都祇園囃子の流れをくんでいるといわれる花巻人のソウルソング。笛と三味線と太鼓で奏でられます。メロディのサビは「シードレミファー ソーファ ミファソファミレミー」だと思います。

☆2014いわて北上マラソン大会まで あと29日☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)