HDDの悲劇~遺しておきたいもの~

today 2014(平成26)年11月24日(月)旧10月3日
100years ago 1914(大正3)年11月24日(火)旧10月7日

 先日、居間の模様替えをする際、迂闊にもテレビ番組録画用の外付けハードディスクドライブ(HDD)をクラッシュさせてしまったところのcozyです、こんばんは。あわてて取扱説明書を読んだみたら、しかるべき手順で接続をはずすべきところを無造作に抜いてしまったのが原因のようです。

 ネットで修復方法を調べてみたのですが、かなりむずかしいようだということが判明しました。cozyはヒマなときのお楽しみ用好きなフットボール・チームの勝ち試合くらいしか録っていなかったのでまぁしゃーないかという感じですが、家人は保存しておきたいものも多数あったようでショックが大きかったモヨウです。

 HDDは不安定なので、割り切って使わなければならないとの由。きちんと遺しておきたいのならブルーレイとかDVDなどにすべし云々・・・所詮機械のやることなので、信頼できないわけですが、ちょっと過信してしまいました。(人間がやることは信頼できるというわけでもないですが)

 動画や画像、音声等の情報をいかに遺すか問題は、なかなか難しいです。音声でいうと、過去にはドーナツ盤、カセットテープ、コンパクトディスクなどなど、ミニディスクというのもありました。今的には、ディジタル化してストレージにアップロードし、クラウドからオンデマンドで引っ張り出すってとこでしょうか?

【今日の1作】
 ファウスト シャルル・フランソワ・グノー(41)曲 1859年
 120年前の今日、この作品がわが国で初のオペラとして上演されました。場所は宮内省式部職付属音楽学校(東京芸術大学)奏音堂。ですので、11月24日はオペラの日なのだそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)