2014年をふりかえる 100年前のケンジ君篇

today 2014(平成26)年12月20日(土)旧10月29日
100years ago 1914(大正3)年12月20日(日)旧11月4日

 先日、職場で着ているフリースの上着のポケットに手を入れたところ、直径3ミリ位のナットが出てきて、どこから来たのかな?と思案したところのcozyです、こんばんは。机の引き出しにしばらく保管していましたが、思い当たる節がなく、燃えないゴミに捨ててしまいました。なんとなく、気になるものです。

 さて、予告どおり、2014年をふりかえるシリーズ。第1弾は、すっかり忘れられてしまっておりますが、拙ウェブログのタイトルであるところの100年前のケンジ君篇です。毎度ややこしいですが、100年前、1914年が宮澤賢治さんにとってどんな年だったかをふりかえるということになります。

 この年のトピックはなんといっても、3月、盛岡中学を卒業と同時に入院し、看護師さんに恋心を抱くということでしょうか。その後、5月には退院し、家業を継ぐため花巻の生家にもどりましたが、学問への夢を捨てられず、何とか父親を説得して、盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)への進学を認めてもらいました。

 というわけで、100年前の今頃、ケンジ君は花巻で進学準備のための受験勉強に勤しんでいたと思われます。失恋もしたけど、希望を持てる1年でしたというところでしょうか。夏に島地大等さん訳の「漢和対照妙法蓮華経」を読み、体が震えるほどの感銘を受けたことも、その後に大きな影響を与えることになりましたとさ。

20141220
今日の盛岡。開運橋より。気温が高く、霧っぽかったです。

【今日の1曲】
 東京 マイ・ペース 1974年
 今日は、東京駅開業からちょうど100年。東北本線が乗り入れたのは、ほぼ10年後の1925年。それまでは、上野駅がターミナルだったのですね。この楽曲は40年前のものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)