スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫づくし

today 2015(平成27)年3月8日(日)旧1月18日
100years ago 1915(大正4)年3月8日(月)旧1月23日

 先日、家人が時計を見誤り1時間早く起きたので「早起きは三文の得」といってあげたところのcozyです、こんばんは。「朝起きは三文の徳(トクの字に注意)」ともいうようです。三文は「ごくわずか」の意なので、元々は早起きしてもあまり得るものはないよ といった意味だったそうです。

 昨日、マンガ「1・2のアッホ!!」の話を書いたのですが、高校時代に読んで影響を受けた本に別役実さん著「虫づくし」年があります。NHK-FMで常田富士男さん(別役さんと同年生まれ!)が朗読していたのを聴いて、あまりの面白さに衝撃を受け、購入したものです。「虫づくし ふたりの部屋」で検索するとyoutubeで聴けますので、ぜひ。

 虫は虫であるというプロローグから始まって、水虫から尺取り虫まで32種類の虫について考察したものです。別役さんの「つくし」ものは、その後も けもの、鳥、道具、魚、さんずい と続きます。「つくし」もの以外では、虫づくしと同時期の「犯罪症候群」(1981年)が秀逸です。

 ご案内のとおり、別役さんは、本邦の不条理演劇の第一人者です。ケンジ君のファンでもあり、昔、NHK少年ドラマシリーズ「風の又三郎」の脚本を担当したこともあります。花巻のイーハトーブ館で、その関係の対談を聴いたことがあります。娘のべつやくれいさんは、デイリーポータルZに投稿していますが、親譲りの面白さです。

20150308
「虫づくし」と「権威と権力」

【今日の1冊】
 権威と権力 なだいなだ(45) 1974年
 「1・2のアッホ!!」「虫づくし」と並んで、青春時代に読んで感銘を受けた本。この3作でcozyの思考な枠組みは形成されたといったら過言かもしれませんが、当たらずしも遠からずです。

☆男声合唱団コールM第37回定期演奏会まで たぶんあと54日☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。