38回目の「かまいしの第九」に参加してきた

today 2015(平成27)年12月7日(月)旧10月26日
100years ago 2015(大正4)年12月7日(火)旧11月1日
 
 このところ、2週間ほどウェブログを更新していなかったので、友人からまたアブに刺され入院でもしたのではないかと心配のメールをいただいたところのcozyです、こんばんは。安心してください。風邪気味で、夜、咳が出て寝不足状態が続いていましたが、なんとか治りました。

 一昨日から昨日にかけて、38回目の「かまいしの第九」に、4年ぶりたぶん13回目で参加してきました。主催の実行委員会の皆様、指揮者、ソリスト、管弦楽、いっしょに歌った合唱参加者の皆様、聴きにきていただいた皆様、関係してくださった総ての皆様、ほんとうにありがとうございましたです。

 今年は、第1楽章から第3楽章、第4楽章の前半など、オーケストラが演奏する部分をじっくりと聴いてみました。来年1月には、釜石の南隣の大船渡で、2月には北隣の宮古で第九の演奏会が開かれるそうです。191年前に異国で書かれたこの曲が、こんなにも頻繁に演奏されていることは驚きです。

20151206
会場の釜石高校第1体育館の壁の標語。心が変われば・・・運命が変わる。2年後には新しく建設されるホールでの開催 とのアナウンスがありました。

【今日の1冊】
 アルジャーノンに花束を ダイエル・キイス(39)著・小尾芙佐(46)訳 1978年
 なう りーでぃんぐ。今月からBookclubで読みはじめます。

合唱の魅力とは

today 2015(平成27)年9月28日(月)旧8月16日
100years ago 2015(大正4)年9月28日(火)旧8月20日

 昨日、釜石から帰ってきてから、うっかり、手帳を入れたままのトレーナーを洗濯機に放り込んでしまったところのcozyです、こんばんは。生活記録を書く紙1枚と、名刺数枚、付箋紙くらいしか入っていなかったのですが、シャープペンシルの先端部が無くなってしまったのと、洗濯物に紙屑がつく被害が発生しました。

 今回の釜石旅行では、土曜日の夕方に「かまいしの第九」の練習に参加し、その後、合唱仲間の皆さんと話をする機会がありました。釜石勤務は、もう25年も前のことになるのですが、当時の話などで大いに盛り上がりました。その際「合唱の魅力ってなんでしょね?」という話題が出ました。

 まずは、やはり、声を合わせて出すというシンプルな協同作業がもたらす一体感。「同じ釜の飯を食う」よろしく「同じ棒で唄う」みたいな感覚です。それから発展して、仲間との信頼関係。特にも、よき指導者(指揮者)=師匠(ロールモデル)をいただく幸せは大きな魅力かなと。

 一体感、信頼、師弟関係。合唱に限らないとは思いますが、つまりは、豊かな人間関係というのが結論でした。それにしても、釜石の皆さんと話をすると、いつも、パワーを与えてもらえるなぁと感じています。ありがとうございました。12月6日の「かまいしの第九」、今年は参加します。よろしくお願いします。

20150928
昨日の朝の釜石大観音と釜石港。大平(おおだいら)の展望台から。

【今日の1曲】
 小さな空 武満徹(32)曲 1962年
 釜石の合唱団で、団歌的に歌っているとのこと。Youtubeで聴いてみましたが、良い楽曲です。

☆38回目の「かまいしの第九」まで たぶんあと68日☆

久慈に行ってきた

today 2015(平成27)年9月6日(日)旧7月24日
100years ago 2015(大正4)年9月6日(月)旧7月27日

 縁あって、所属合唱団有志で、久慈市のアンバーホールで行われた「レクイエム・プロジェクト北いわて2015」に参加してきました。レクイエムのほか、地元の詩人宇部京子さんの詩による楽曲などを歌ってきました。作曲、指揮の上田益さん、一緒に歌った皆様、スタッフ及び聴きに来てくださった皆様、ありがとうございました。

20150906
ホテルの近くの巽山公園から会場のアンバーホール(真ん中の三角の建物)を望む。

【今日の1曲】
 レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~ 上田益(54)曲 2010年
 阪神・淡路大震災の被災者追悼のために書かれ、レクイエムプロジェクトとして全国各地で歌われています。今日は、一部でしたが、来年の7月には、アンバーホールで全曲をオーケストラの伴奏で演奏するとのことです。
 
☆2015いわて北上マラソン大会まで あと34日☆

第44回盛岡芸術祭合唱部門公演に参加してきた

today 2015(平成27)年5月25日(月)旧4月8日
100years ago 1915(大正4)年5月25日(火)旧4月12日

 先日、突然、タブレットパソコンがネットに繋がらなくなったので、調べてみると、ルーターの問題と分かり、とりあえず電源オフにしてLANカードの抜差しをしてみたら難なく直ったので、一安心したところのcozyです、こんばんは。テレヴィジョン受像機が映らなくなったので、叩いたら直った というのを思い出しました。

 昨日開催された第44回盛岡芸術祭合唱部門公演@盛岡市民文化ホールに男声合唱団コールMの一員として参加してきました。演奏曲は、定期演奏会でもやった最上川舟唄と牛追い唄でした。参加団体はじめ関係者の皆様、特にも、飲み会で偶然ごいっしょさせていただいたAuranovaの皆様、ありがとうございました。

 この催しには、震災直後の2011年を除きここ10年ほど、毎回参加していますが、年々参加団体が増えています。昨日は27団体が午後1時から5時まで、5分間の休憩時間を挟んでの公演でした。多くの合唱団の演奏を楽しませていただきました。料金が戻ってくるコインロッカーに100円が残っていたので、お預かりするという余禄もありましたとさ。

20150525
手前から、だいぶ丈が伸びてきた麦畑、田植えが終わったばかりの稲田、志和三山。平沢地区にて。撮影日は昨日です。

【今日の1曲】
 Super flumina Babilonis ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ 16世紀半ば 
 昨日、盛岡コメット混声合唱団さんが演奏しました。以前、男声合唱でやったことがありますが、混声もよかったです。詞は詩篇第137篇より。

第37回定期演奏会を終えて

today 2015(平成27)年5月3日(日)旧3月15日
100years ago 1915(大正4)年5月3日(月)旧3月20日

 昨日、所属する男声合唱団コールMの第37回定期演奏会が無事終わり、今日は掃除や靴洗いをしながらのんびりと過ごしたところのcozyです、こんにちは。聴きに来ていただいた775人の皆様、ありがとうございました。ご指導いただいた太田代政男先生、コールMのメンバー、お手伝いいただいたスタッフの皆様、感謝申し上げます。

 今回の定期演奏会では、岩手県民謡協会の皆様と共演させていただきました。岩手を代表する民謡歌手の方々の生声を間近で聴くことができ感激しました。面白かったのは、歌い手さんが、楽曲によっては三味線や太鼓も担当していらっしゃったこと。飲み会のとき、訊いてみたら、人が足りないのでそうせざるをえない と言っておられました。

 リソースが足りないときは、個が多機能化することによってなんとかするということなのだろうと伺いました。誰かがいないと組織パフォーマンスが落ちるという分業・専門化のワナを回避しています。単品大量生産から多品種少量のそれへという脱工業化・人口減少社会対応の流れにフィットしているなぁと感じました。

 わが身を翻ってみると、自身のパート(B1 バリトン)以外、伴奏を含め全くの門外漢という状況です。民謡協会の藤沢東清会長は、民謡は本来アカペラが基本で伴奏は添え物 とおっしゃっていました。それもそうなのでしょうが、全体最適を考えるうえで、とっても示唆に富む経験をさせていただいたなと思いました。

20150503

開演1時間前の岩手県民会館大ホールの様子。本番では、1階席の右側8割・左側6割ほどのお客様にご来場いただきました。

【今日の1枚】
 アウトランドス・ダルーム ポリス 1978年
 民謡の伴奏は、管楽器(尺八)弦楽器(三味線)打楽器(太鼓)の3種類でした。スリーピースといえばポリス。ポピュラー音楽界も基本的には分業制で、スティングさんがドラムを叩き、スチュアート・コープランドさんがギターを弾くなんてことは、あまりやらないのかもしれません。